【重要】2020年10月現在、お申し込みの急増により、お試しプランの募集停止を検討しております。現在の2980円でのお試しをご検討のお客様は、ページ修正までにご決済をお願い申しあげます。

シンプルに、毎月10万円の利益が出ていない人はやってることが「完全に」間違っていますので、すべてを辞めて「毎月最低10万円を目指す会」だけやりましょう。

 

まずは、解説動画をご覧ください

みんなで交流しながら稼ぐ

  1. 中小企業経営者の方も、スタッフの空き時間に1名あたり毎月最低10万円の粗利を出してくれたら助かると思います。
  2. LINEチャットグループで他の会員さんや、サポートと絡みましょう。
  3. 絡むの苦手って方は、他の人達のやりとり見てるだけで勉強になりますよ。
  4. バイヤーズ商品の卸価格が会員限定で原価まで値引きされて激安で提供されたり
  5. 数百名のバイヤーズ活用グループチャットもあります!!!
  6. 弊社にしかできないことなのでぜひご参加ください。

PCからの参加画面

スマートフォンからの参加画面

 

誰でも確実に稼げる堅実商売

個人でも、従業員でも、人が1人取り組めば、確実に効率的な利益を出せる商売を「堅実商売」と呼んでいます。

言い換えると「誰でも確実に稼げる商売」

 

例えば

  • バイヤーズ活用してリスクなく効率的に稼いだり
  • 現金が余ってる企業などからポイントという名目で毎月何十万円分もらったり
  • 3万円で売れる商品を1万円で買える方法を知ったりとか
  • キャンペーンで配布されるものを売ったりとか
  • リサイクルショップですぐに高く売れる人気商品を確実に入手したり
  • 通信会社のノルマ達成に貢献してお金をもらったりとか

そういう誰がやっても関係なくお金が増えるような、商売と言っていいのかわからないけど、とにかく確実で簡単で普通に働くより多くのお金をすぐに稼げる方法です。

 

そして、すべての事業の始まりは「誰でも確実に稼げる商売」でなければなりません

 

例えば、挑戦などといって最初から確実に稼げるかわからない商売は、博打であり、競馬やパチンコと一緒です。

※実際のデータベースを基に逆算して科学的な新規事業立ち上げをされてる起業家は該当しません。

 

スタートアップやベンチャーの起業家と呼ばれる人たちはただのギャンブラー

目の前のお金を稼ぐにも、将来的になんらかの事業に昇華させるにも「誰でも確実に稼げる商売」から実践することが最重要です。

「誰でも確実に稼げる商売」実践の中で、たまたま高収益事業が出来上がったり、低リスクで成功が見えたものは、そのタイミングで積極的に事業化すべきですが、そんなものは運なので狙わず、淡々と実践すること。

  • 「誰でも確実に稼げる商売」は時代ごとにいくつも存在する
  • 当然「効率がいいもの・悪いもの」がある
  • 弊社では環境の変化に合わせて「最も安全で効率のいい稼ぎ方の順番」をランク付け、取り組む優先度をつけています。

 

堅実商売ランクの査定基準

step
1
時間効率 → 平均1分あたりいくら稼げるか

step
2
即金効率 → 平均何日後に利益が確定するか

step
3
小資金効率 → 平均何円から始められるか

step
4
実践効率 → 何ヶ月稼ぎ続けられそうか

これらの査定結果を毎月1日に更新しています。

基本的に、大きく変動するものではありませんが、時期やキャンペーンによって急な案件が優先順位上位に入ったりすることもあります。

また、例えば「ヤマト運輸の送料値上げ」や「楽天ポイント倍率変更」など外部環境により大きく変動することはあります

 

あとは情報を常に最新に更新し続けるだけ

「誰でも確実に稼げる」ということは、スタッフがやっても稼げるはずなので、基本給以外に成果報酬制度を与えて実践してもらってます。

ノウハウを開発するか、教えてもらうか、買うかして、従業員にやってもらい「結果の報告」と「実際の数字」からノウハウを査定して、ランク付けする。

そして、優先順位をつけて、効率のいい商売だけを社内に取り入れる

 

「毎月最低10万円を目指す会」のメンバーには、効率のいい堅実商売のうち、楽に達成できる順に取り組んでもらい

とりあえず、毎月最低10万円は稼げるでしょう

という状態を目指してもらいます。

 

2020年10月の「毎月最低10万円を目指す会」の内容

下の表は「堅実商売」全体です。

「毎月最低10万円を目指す会」のお客様には、まず上にある「誰でも出来る稼げるリスト」というところだけをやっていただきます。

矢印より下の「堅実商売」は、確実に稼げる額が一気に増える代わりに、作業量が増え、本気で頑張らないといけない内容なので今回は対象外です。

 

入会後のサポートの流れ

1.ご登録のメールアドレスにメールが届きます、メールに記載された手順に沿って初期登録手続きをお願いします。

2.手続き完了後、サポートチャットに参加が可能になります。

※専用のスマホアプリか、パソコンから参加できます。

※運営からのタイムライン形式の投稿と、LINEのようなグループチャットルームがノウハウごとに用意されています。

 

みんなで確実に前進

「マニュアルだけでは進まない、他の人がどうやってるかも見たい、他の人の質問を見たい」

など、ひとりで黙々とやるのは辛いもの。基本的にはノウハウごとに毎日チャットをしながら、全員で一緒に進めていきます。

 

PCからの参加画面

スマートフォンからの参加画面

 

お客様の声抜粋

 

東京や大阪だけでなく、いろいろな地域から参加いただいてます

 

どんどん新しい喜びのお声が増えていきます!

 

全体チャットだけでなく、個別チャットサポートも充実!

続々、追加中♪

 

参加費用

さて、「毎月最低10万円を目指す会」の価格ですが、とても忙しくあまり動けない方でも「誰でも出来る稼げるリスト」ぐらいの時間は毎月さけると思います。

その場合、毎月平均で10万円以上の安定収入が確保できると思います。

そして、これらが突然0になる

ようなことは考えにくいので、今月からあなたの収入はすぐに増えることになり、しかも、1回きりでなく毎月です。

 

あとは

1IDごとに〇〇万円稼げる

というやり方も出てきたりしますから

 

例えば

  • 「奥さん」に協力してもらえば「2ID」になったり
  • 「親・親戚」なんかに協力してもったり
  • 「在宅バイトの主婦」をクラウドソーシングで雇ったりすれば

倍々に毎月の収入が増えますね。

一部をちゃんと支払ってあげれば、喜んで協力してくれると思います。

 

「毎月最低10万円を目指す会」は毎月

最新版に更新してると言いました

従業員にやってもらい「結果の報告」と「実際の数字」からノウハウを査定してランク付け、効率のいい商売を優先順にやってもらいます。

基本的に、大きく変動するものではありませんが、時期やキャンペーンによって急な案件が優先順位上位に入ったりすることもあります。

また、例えば「ヤマト運輸の送料値上げ」や「楽天ポイント倍率変更」など外部環境により大きく変動することはあります。

 

このような情報の最新版を

これからも毎月受け取っていただき

ずっと稼ぎ続けてほしいと思っています。

 

そして、一度「毎月最低10万円を目指す会」の内容を知ってもらえば、必ずこれからも毎月続けていきたいと思っていただけると確信しておりますので、お試しプラン

2980円とさせていただきます。

 

2ヶ月目以降は月額はチャットにて担当者より

9800円の正規会員のご案内をさせていただきます。

 

また、いつでも退会フォームから退会が可能です。

→ 退会フォームはこちら

※入会後から送られてくるフォロー動画メールにも、毎回記載させていただいておりますので、メモの必要はございません。

 

月額9800円をお支払いいただく限り、常に「堅実商売」の最新情報を受け取れ

毎月稼げる額と比べてかなり安く

させていただいております。

 

緊急のお知らせ

 

私は、「毎月最低10万円を目指す会」で学ぶことは、どんな勉強よりも価値があると思います。

雇われず、自分の行動ひとつで

収入が一気に増える

 

  • サラリーマンだと、1年汗水垂らして働いても給料は5000円アップとかです。
  • 大学や予備校なんかは、そんなサラリーマンになるために300万円とか払います。

「毎月最低10万円を目指す会」は

  • ダイレクトに収入が上がります。
  • サラリーマンの昇給の何十倍も!
  • 今月からです。

 

努力の方向性と順番

英語やプログラミング、ブログやアフィリエイト、稼ぐために努力する方法はいくらでもあります。

でもそんなことより、とりあえず今月から収入上げませんか?

  • 英語もプログラミングもブログもアフィリエイトも、将来収入を上げるために時間とお金を投資するんですよね?
  • じゃあ、まず「毎月最低10万円を目指す会」に投資して、今月から収入上げて、その利益で勉強するのはいかがでしょうか?
  • 毎月の収入を安定的に上げてから、今月のための勉強してから、将来のための勉強をしてはいかがでしょうか?
  • もちろん、英語学校やプログラミングスクールのように100万円もしません。

 

今から仲間になって稼ぎ始めるぞ!という方はこちらのご入会ボタンをクリック

毎月最低10万円を目指す会をお試し価格で開始

 

【重要】只今、ご入会者様が多く混み合っており、参加承認作業が翌日になってしまう場合があります。あらかじめ、ご了承くださいませ。

 

バイヤーズ活用グループも含まれます

お金が全くなくても毎月の不労収入の柱を増やせるだけ増やしていく

※スマートフォンだけで完結できます。

図で解説

まず「お金が全くなくても毎月の不労収入の柱を増やせるだけ増やしていく」を自分でやろうとすると、これだけの作業が発生します。

それがなんと・・・

 

まずは自分でやって、外注もあり

正直、これだけだったら、自分でやる必要ありますか?

時給200円で他人に任せよう

例えば、子育てなどで家から出れず、でも時間がある主婦に在宅で内職時給200円ぐらいの頼み方しても、大企業とかだと袋詰1個0.5円とかでやってるので喜ばれます。

そうです、販売ページを、メルカリ・ラクマ・ヤフオクなどで売ることさえ、一度、取扱商品のパターン化をして、指示通りに動く内職を雇えば、全部が自動化できます。

 

自分でやるとなにかと経費がかさむ

バイヤーズは、中国から売れる商品を輸入して、たくさんの方に仕入れてもらっています。

自分で中国から輸入しようとすると

必ずいろんな経費で高くなる

 

他にも・・・

個人で中国輸入行うデメリット

  • 品質が安定せず”不良品”が日本に届く。
  • アリババなどは大元の工場では無い為、在庫が安定しない。
  • 代行会社を通すと多額の手数料が発生する。
  • 中国から日本までの
    納期が1ヶ月程度掛かってしまい、販売までキャッシュフローが悪い。
  • 商品が売れなかった場合、"過剰在庫"になるリスクがある。
  • 有在庫で販売となれば、保管する場所or保管料が発生してしまいます。

量が少なくても一括運用で激安に

バイヤーズを使えば、すべてを大口・大ロット・効率化しているので、日本から発送されるのに、中国から自分で輸入するより安いんです。

#バイヤーズの中国商品に対しての解決策

  • ・不良品
    →中国、日本で検品しています。万が一不良品を販売してしまった場合返金します。
  • ・在庫が安定しない 
    →週に1回仕入れを定期的に行なっていますので、在庫切れリスクを減らしています。
  • ・代行会社に支払う手数料
    →日本から購入する事になりますので、代行費用などは無いです。
  • ・納期が1ヶ月程度なのでキャッシュフローが悪い
    →売れてから購入するので、先行投資する必要がございません。
  • ・商品が売れなかった場合、過剰在庫のリスクがある
    →売れてから購入、自宅を通さずに発送するので、過剰在庫になりません。

今から仲間になって稼ぎ始めるぞ!という方はこちらのご入会ボタンをクリック

毎月最低10万円を目指す会をお試し価格で開始

 

頑張って運営してきた結果!

仕入れサイトとして、最もアクセスが多いため「仕入れ」や「卸問屋」などとGoogleで検索すると1位に表示されます。

今では、2万種類を超える商品を常に販売しており、1万人を超える会員様が転売のために仕入れています。

もしもドロップシッピングなどの大手企業を撤退させ、国内最大のドロップシッピングモールとなりました。

 

具体的にどうやって転売する?

バイヤーズで稼ぐ流れ

  • 1.バイヤーズの2万商品から売りたい商品を出品
    ※例えば、500円で売っていたら1000円で売って500円儲ける
  • 2.メルカリ、ヤフオク、ラクマなどであなたの出品した商品がお客様から購入される。
  • 3.購入後、バイヤーズで購入してお客様の住所に発送依頼をする。
  • 4.依頼が来ましたら、バイヤーズからお客様の住所に直接発送します。
    ※あなたの情報を入力して頂くと発送元があなたの住所になります。
    箱にバイヤーズなどの明記もございません。

※原則はこのシステムを利用して進めて行く形となります。

これだけで、あなたはスマートフォンだけを見て、商品を見ることもなく利益を得ることができます。

例えば、500円の利益の商品が1日10個売れたら、5000円の儲けですね。

 

商品は売れることを調査済みで、次々新商品が入荷します。

 

ここからが本題です

ここまで紹介した商品は、利益を上乗せして一般公開している価格です。

バイヤーズを知っていれば誰でも仕入れることができる価格ということです。

 

原価まで値引きされた商品を扱う

ステップ1の「お金が全くなくても毎月3万円の不労収入の柱を増やせるだけ増やしていく」では、一般公開価格から大幅に値段を下げるべく、利益をすべてなくし、中国から毎日大量仕入れを行っている原価にて、提供される商品を扱っていただきます。

※在庫切れのリスク出ないよう毎週仕入れを行っています。

現在、バイヤーズで表示されている価格と比べれば一目瞭然ですが、単純に粗利益が上がるか、競争力が上がり販売個数が上がるか、という結果が待っています。

 

少しだけ限定価格の商品をお見せします

 

さらに重要なのはここから

 

一括管理ツール・外注を使う

一括管理ツールを使う

フリマアプリのアカウントを一括管理、自動化できるツールや運用のコツなどの情報もございます。

表向きでは情報公開にリスクがあるので行えませんが、利益アップには最重要な項目です。

外注(クラウドソーシング等)を使う

一通り自分でやってみたら、こんなレベルの低い仕事は他人にやらせるべきですし、売上を安全に楽に拡大するためにも外注をしていきましょう

売上を安全に、といいましたが、このビジネスが誰でもできると言っている理由にも関係します。

実は、メルカリを始め、ラクマやヤフオクなどは「業者排除」という名目で、売上が高すぎると販売停止されてしまう場合があります。

そこで、1アカウントあたり利益3万円ぐらいが安全圏となり、それ以上稼ごうとすると危険度が増してしまうのです。

業者が攻めてくるほど暴利ではないので、強いライバルも増えず、これからも安全・安定的に稼げる根拠でもあります。

外注については、マニュアルの一部をお見せするのが早いと思うので、ここからマニュアルを抜粋いたします。

 

実際のマニュアルでは動画でしっかり理解していただきます。

 

たくさんのママさんを上手に使って

 

自分で考えずに、言われたとおりにテンプレートなどを使いましょう。

 

10人、100人と3万円の柱を量産するための重要なことなど

 

今から仲間になって稼ぎ始めるぞ!という方はこちらのご入会ボタンをクリック

毎月最低10万円を目指す会をお試し価格で開始

 

入会者の声

たかはし さん

入会してまだ、2か月程度ですが利益は12万円程になりました、なかなか奥が深いのでまだ完全にコンテンツをこなし切れていませんが成長している実感があり楽しいです。
家のローンもあるので収入を増やしたいと思い副業を探して入会しましたが、結果として
生活にもハリがでて入会して本当よかったなと思います。
普段は会社員をしていますが、家と会社の往復で生活がマンネリしていましたが。
小さくても自分の事業をやるのはすごく楽しいです。

高青 さん

三木さんの動画をみて、間違いないと思い即決で入会しましたが正解でした。
以前はFXで110万円程溶かしてしまいこっちは向いていないと思い、手堅く稼げる方がいいと思い入会しました。本業は自営業でバイクパーツのショップをしていますが、空き時間や閉店後を活用して副業として取り組んでいます。3か月目他に約20万の利益がでました、その後は慣れもあり作業時間は減りましたが、今でも大体20万~25万ぐらいの利益です。


必要な情報がリストで用意してあるので、初心者でも効率的に取り組めたと思います。情報も定期的に配信されるので、サポートの方に質問をしながら行動、これだけで利益がほぼ確実に出るので、手堅く行きたい方はFXよりもこちらが良いと思います(笑)

yoshioka さん

私は専業主婦でまだ小さい子が3人いるので、在宅で収入を得る方法を探していて入会しました、
私用でバタバタしていて、1か月目はあまり動けませんでしたが、
チャットで分からないところを質問しながら、コツコツ進めて3か月目10万円、今月12万円の実績をだすことが出来ました。
もっとすごい方もいらっしゃると思いますが、多分外で働いてもこんな稼げないと思うので満足です。
子供たちと一緒に入れるのも嬉しいです。在宅で稼ぎたいと思っている主婦の方にもおすすめします。

みながわ さん

大学生なので、アルバイトの合間や休みの日に取り組んでいます。
ネットや店舗でも実践できるので、自分に合わせてコンテンツを選んで取り組めるのが良いと思います。

副業100番 さん

副業を探していてこちらのたどり着きました、
手ごろな値段の割に期待値が高かったので参加させて頂きましたが、
情報を元に初月から10万ほど稼がせて頂きました。感謝感謝です。
引き続きよろしくお願いします。

りみ さん

自営業をしています、収入源を増やしたいと思いお試しで入会しました。
こんな稼ぎ方があるのかと勉強させて頂いています。
妻と一緒に取り組んで初月は15万円程利益を出させて頂きました。
サポートがとても丁寧で助かります。今度、息子にも今度紹介しようと思います。

 

いただいた質問

男性のお客様(解)
動画拝見させていただきました。最近せどりを始めたのですがなかなか上手くいかず初めから他人に頼っていいものなのか悩んだのですが、やはり一度話を聞いてみたいと思いご連絡させていただきました。
まずは簡単で確実に利益が取れる方法からやっていき、在宅バイトの人に任せていって自動化、次の方法をやって任せて自動化、とやっていくのがいいかなと思います。独学でやって失敗する金額、失う時間、学べば稼げてた金額など、いろいろ失うと思いますので、言われたとおりにやって、まっすぐ進んだほうがお得ですよ^^
三木パパ
男性のお客様(解)
おはようございます!今月はもう今日で終わりですが、2980円のお試しは、今日から1か月ということでよいのでしょうか?
はい!そうです!
三木パパ
男性のお客様(解)
毎月最低10万円を目指す会を検討していますが、始めるのに資金は必要でしょうか?
1万円ほどあれば始められますので、まずはお試し頂ければと思います。
三木パパ
男性のお客様(解)
初めてLINEさせて頂きます。
参加を考えてますが、スマホだけでもビジネスは可能でしょうか?
PCもあった方が良いと思いますが、スマホだけでも可能です。
三木パパ
男性のお客様(解)
初めまして!副業で始めたいと思っています、2980円の商材は初月のみでもかのうでしょうか?
お試しは初月だけでも大丈夫です。
三木パパ
男性のお客様(解)
サポートの対応で質問したいのですが、サポートして頂くお時間や、時間帯などはどのようなものでしょうか?未経験ですが、宜しくお願いします
ご都合の良い時間にチャットで質問して頂けます。
三木パパ

 

一般個人向きの小遣い稼ぎか?

ここまで読んで、既に商売をされている方は「一般個人向きの小遣い稼ぎか?」と思われたかもしれませんが「誰でも確実に稼げる商売」は常に時代を先取りしており、他社が気づかないような領域を次々と知ることができます。

事例はたくさんありますが、企業がある程度の資本で取り組むと大きな利益を生む事業になることが多いです。

最新のスキマ市場がわかる

なぜかというと「誰でも確実に稼げる商売」は時代ごとの新たな需要に対して供給がないスキマ市場を見つけて稼いでることが多く、ほとんどの場合、時間とともに潜在需要も刺激されて市場自体が大きくなり、企業にとっても旨味のある市場規模になることが多いからです。

零細新興市場でがザコ

競合はビジネススキルが低い一般人のようなプレイヤーが多く、中小企業でも十分にシェアNo1をとることができる可能性を秘めている手堅い市場なんです。

さらに、そのスキマ市場が収穫逓増(ゼクシイとかヤフーニュースのように、一度1番になったらポジションをひっくり返すのが難しい)に当てはまる構造になっていた場合、トップのポジションを維持し続けていれば、いきなり上場してしまうような巨大な利益を得ることも可能なのです。

 

弊社の事例

弊社の例で言えば、今あるすべての事業が「堅実商売」の延長線上でたまたまできあがったものばかりです。

運営サイトで解説すると

1.中国で人気の鉛筆削りを個人輸入してAmazonで売ると文房具1位になり儲かった

2.輸入代行業者が高いので、自分で中国に支社を作り、従業員を雇った

3.中国輸入をしている人から自分の商品も僕の会社で一緒に輸入して欲しいと頼まれ輸入代行事業を開始

4.中国から毎月輸入する商品が増えたので40フィートコンテナが発着できる大きい倉庫を日本に借りる

5.自社通関できる人材を採用し、中国→船便→通関→倉庫を自社完結できるようになる

6.料金が安いのでさらに輸入代行を頼まれ、日本での保管と宅配も頼まれるようになる

7.昔から中国輸入代行を行う十分金を稼いだリタイヤしたい人たちの事業買収をスタート、取引先を譲り受ける

8.BtoB中国受注生産卸開始。テレビのマツコの知らない世界等のプロデューサーともつながりライセンス系の受注開始

8.日本で保管してる商品の種類が1万種類を超え、中小の卸問屋より大きくなる

9.許可を得たお客様の商品をネット卸問屋バイヤーズとして、販売を開始

10.お客様は輸入保管だけでなく販売もしてくれる代行ということでさらに増加

11.商品数は1万6千種類を超え、卸問屋のお客様も2万社を超えて、Googleでも「仕入れ」や「卸問屋」で1位になる

12.日本一の仕入れサイトとして、従来の卸問屋や、現金問屋などから提携のオファーが増える

13.従来の卸問屋や、現金問屋の取引先と弊社のネットの取引先をミックスさせ商品ごとに適切な販売先を選べるようになる

14.実店舗、カタログ通販、ネット転売屋など様々な販売チャネルを抱えることにより不良在庫の再流通事業在庫買取キングを開始

15.在庫買取キングの反響により、主に国内メーカーや輸入商社など、在庫を抱えるお客様が集まり、国内卸業者と小売業者の取引を促進するBtoB仕入れプラットフォーム「仕入れ365」を開始

もっといろいろありますが、大雑把にざっくりと(笑)

「堅実商売」を常に研究・実践し、効率がいいものは社内に取り入れ、時代の流れで効率が悪くなったものは撤退する。

社内に取り入れた「堅実商売」同士で相乗効果を生むものがあったり、組み合わせて新規事業に昇華させたり、無駄な挑戦などせず淡々と安全な商売だけをやることが大事。

 

その他、わかりやすい例を2つだけあげると

ゲーム攻略ブログ

私がネットビジネスにどっぷり浸かってたころ、回りのネットで稼ぐ人たちは、ゴルフをやってる時も、キャバクラに行ってる時も、スマホのアプリゲームをやりながらこれでめっちゃ稼げると言ってました。

黎明期が一番のバブル&市場寡占のチャンス

モンストやパズドラが流行ってた頃、新しく出るアプリの攻略や実践結果をブログに書くだけで100万円ぐらい余裕で稼げてました。

 

私も当然教えてもらってたので、その時の手法は

  1. 人気のアプリの実践や攻略情報をブログに書く
  2. お金で買わないといけないアイテムが無料でもらえるという広告を貼る
  3. 金のない学生などがアイテムが無料で欲しくて広告を押してポイントサイトに登録する
  4. ポイントサイトからアフィリエイト報酬が入る
  5. ポイントサイト利用者はアプリダウンロードやサイト会員登録でポイントがもらえてゲームのアイテムが無料でもらえて満足
  6. 登録した人が得続けるポイントの一部も継続的に受け取れるから紹介した数だけリピート収入になる

全員嬉しいビジネスモデルでした。

その時に誰か気づいて、ゴルフしながらじゃなくて、真剣に事業化してれば今頃上場企業だったのに・・・

  • 2013年に創業
  • 2017年創業4年でマザーズ上場
  • そして

2019年:創業6年で東証一部上場

ただのゲーム攻略サイトの運営者が、28歳でGameWithのマザーズ上場を果たした。

 

当時23歳の目先の金しか見てなかった自分を呪う

スマホのゲームアプリ攻略ブログがここまでの市場規模になることを当時予測できましたか?

ポイントサイトからアフィリエイト報酬でわいわい騒いでたインターネットビジネスが、今や年間の30億の会社です。

これを現在、既に数億の会社を経営している中小零細企業の社長が、ファイナンスや経営を理解した上で、初期から真剣に取り組めば寡占できるのは確実。

途中からは有識者やVCの力も借りて、他力で上場まっしぐらです(笑)

 

中国直輸入直小売(SPA:製造小売業)

これはまさに、インターネットが出る前から、「誰でも確実に稼げる商売」として、隠れながら暗躍してきた鉄板のドル箱商売です。

中国の広州・深セン・青島・義烏などの工場から1社で買い付け、そのまま小売までしてしまうビジネスモデル。

昔は中国の品質が安定せず、輸入者=製造責任者(その商品の全責任をとる)という法律上、のれんをブランディングしている小売業は絶対に手を出せない手法でした。

事故が起こった際に、メーカーの責任にできないからです。

一方、のれんをブランディングしてなければ製品に事故があればPL保険で無料で賠償だけして、別ののれんを適当に作れば、イメージダウンもクソもない最強のトカゲの尻尾切りモデル。

これが破壊力抜群で小規模でやっておけば

ボロ儲け

どんな粗悪品でも、いくらクレームがきても社会的に問題にならなければ、続けられるし、問題になったら取り扱いを辞めるだけ。

通常、無名メーカーなら

  1. 中国輸入原価(定価の20%)を
  2. 問屋に卸し(定価の40%)を
  3. 問屋が小売に卸す(定価の60%)

ところ、中国輸入原価(定価の20%)の商品をそのまま定価(定価の100%)で消費者に売ってしまうビジネスモデルです。

現在、資産数十億円を「相続じゃなく」自分で稼いだ無名のおっさんたちのほとんどは

  • 中国直輸入直小売
  • バッタ屋(当時は倒産品や取り込み詐欺、メーカー経営者との人脈による在庫処分回収)

をやってたやつだ、と400億おじさんも言っていた。

SPAが当たり前の社会

今や、アパレルのユニクロ、家具のニトリ、眼鏡のJINS、ホームセンターのコーナン、生活雑貨の無印良品など、日本を代表するSPA企業も出てきていますね。

これらの商売はインターネットが出てきてから一気に流行りました。

ソフトバンクが投資して大成功した、アリババ率いる中国のネット仕入れサイトから仕入れて日本でネットで売るのです。

Amazonや楽天でいくらお客様に迷惑をかけようが、のれんで勝負してないので、泣き寝入りで稼ぎまくるだけです。

当時稼ぎまくった人達は大金を得て、やりたいことをやっています。

さすがに、この会社です、なんて言えませんが・・・

時代にチート(裏技)はある

この商売がいいこととは言いませんが、無法地帯・やり放題は「誰でも確実に稼げる商売」のタイミングしかないので、やるやらない別にしてウォッチすることは重要です。

400億おじさんによく言われますが

10年で3億稼ぐより、1年で3億稼ぐ方が簡単

とはそういうこと。

 

ネットビジネスに特化した結果

僕の場合は「チート(裏技)=物販×情報発信」に特化して数年頑張った結果、一財産築けたような気がします・・・

ちなみに今も継続して稼がせてもらってますが、業界のレベルが上がってしまって「堅実商売」ではなくなってしまいました。

ざっくり、弊社でも中国事業で使ってるインフラがこんなにあり、これはもう再現性が一切ない・・・

昔、19歳で起業したての時代は僕含め、みんなマンションの一室で稼いでたのですが・・・

昔=マンションの一室

いま=建物とか従業員いっぱい

日本ネットショップピッキング用倉庫(マンション1階ワンフロア)

金塊刈りの在庫保管日本倉庫(4階建てビル)

バイヤーズJR塚口店

換金、物流中継会社:香港三木貿易有限公司

アテンド、買付、事務拠点:中国義烏福田大厦(義烏高広貿易有限公司)

中国物流拠点:中国義烏倉庫(義烏高広貿易有限公司)

 

このように「堅実商売」は時代とともに、「堅実商売」ではなくなる(誰でも簡単に稼げなくなり、プロや資金力、経験値が必須になる)場合もあります。

そんな時に、コンサルタントのような人達が湧いてきます。

例えば、今であれば「中国輸入を教える」と言ってる人。

「誰でも確実に稼げる商売」ではなくなったのに、誰でも稼げます!とか、言ってしまいます。

なにか特定の稼ぎ方しか言わないコンサルタントには注意が必要です。

 

現代の「誰でも確実に稼げる商売」の傾向

ちなみに、「誰でも確実に稼げる商売」は今現時点ではネットビジネス関係が多いです。

ソフトバンクビジョンファンドの孫正義会長もつい先日の決算説明会で「今後どの産業で活動すべきか」というテーマで語っていましたが

自動車産業は25年間で10倍伸びた

 

工業(原材料を加工して製品を造る産業、自動車も含む)は25年間で20倍伸びた

 

インターネット産業は25年で1000倍伸びた

 

そして、インターネットはやっとIOTやAIによって、小売と広告以外の産業の革新を開始できると。このあと10年で、小売と広告以外の全産業を飲み込むから今まで以上に伸びると。

 

こういった背景がありますから、「誰でも確実に稼げる商売」もインターネットビジネスに偏るのは納得できますし、これからはさらに期待できます。

「誰でも確実に稼げる商売」は時代ごとの新たな需要に対して供給がない小さなスキマ市場を見つけて稼いでるという意味もより理解できたかなと思います。

 

今から仲間になって稼ぎ始めるぞ!という方はこちらのご入会ボタンをクリック

毎月最低10万円を目指す会をお試し価格で開始

 

絶対にやってはいけないこと

若者に多いのですが、絶対にやってはいけないことは、成功するかわからないことに取り組むことです。

400億おじさんがよく言ってる

  • 商売にのめりこんで生き残る経営者は1%
  • 儲かる商売は常に生まれ99%死ぬ

あなたは、ニュースやネットで光の部分しか見ていないことをしっかり認識してください。

自家用車を使ってタクシーみたいにできたら便利だ!

空いている部屋を旅行者に貸せば便利だ!

スマホに特化した不用品売買アプリがあったら便利だ!

 

華々しいスタートアップ企業ですが、彼らのように成功を志し、商売にのめりこんだ経営者は見えないところで滅んでいるのです。

最近さらにその数が増え、家入一真さんなど投資家も警鐘を鳴らしています。

社会起業家、世の中にない便利を創る、挑戦、これらをやるとアウトです。

早稲田・慶応とかを出て、渋谷でスタートアップを作る人は99%死にます。

なぜかというと、IT黎明期にプログラミングができたパソコンオタクがたまたま大成功しただけの人を師と仰いでいるからです。

競馬の勝ち方を教えてる人と変わらない。

 

「400億おじさんの金言」を始めとする、少なくとも30年以上成功し続けた実績のある人の教えが重要なのです。

華やかじゃない、かっこよくない、有名になれない、地味でもいいから「堅実商売」だけをやるべきなのです。

 

弊社の役割ビジネスモデル

ここで皆様が思う、永遠の謎。

なぜ儲かるなら自社だけで独占せずに、コミュニティを運営し、指導するのか?

勝手にやってればいいじゃないかと。

これには、ちゃんとした理由があります。

毎月の研究経費&余ったお金は儲けになる

例えば、弊社が個人で確実に月に30万円稼げる方法を編み出したとしましょう。

あなたは毎月確実に30万円稼げる方法に、毎月1万円払いますか?

絶対に30万円当たる宝くじが1万円なら買いますか?

僕なら絶対買います

毎月1万円払えば29万円儲かりますよね!

29万円を就職して稼ごうと思ったら22日間1日中働かないといけませんし。

 

では、弊社視点。

毎月確実に30万円稼げる方法を毎月1万円で100人に売れば毎月100万円の利益ゲットです。

毎月1万円払ってくれる人が300人いれば、毎月300万円儲かります。

 

実際、社内副業でスタッフに指導している方法は、上限があるものが多いです。

頑張ればいくらでも稼げる方法は、必ず飽和するので、稼げる額に上限がある手法のほうが安定するのです。

「堅実商売」での上位ランクの手法は、そういう案件が多いです。

 

例えば

楽天SPUもテクニカルにやらず、誰でも稼げる範囲内でおいしいのは毎月30万円ぐらいの利益が限度です。

バイヤーズの無在庫転売もフリマアプリやオークションのアカウント1個に対して月に3万円ぐらいが限度で、それ以上やると業者認定されて垢バンになります。

で、あれば社内副業で得たノウハウを月額1万円で指導して、お客様に毎月30万円稼いでもらったら、お互いWINWIN(ウィンウィン)ですよね。

 

さらに「弊社のサービス」にお客様が集まれば、統計的な情報を管理することもできます。

そして、その統計情報をシェアすると、さらに喜んでもらえます。

 

ただし、「弊社のサービス」を毎月1万円で指導し続ける場合、万が一、環境の変化で再現性がなくなったり、内容が難しくて「弊社のサービス」のお客様が稼げなかった場合、解約されて毎月1万円を払ってくれなくなります。

 

ですから、スタッフに会社のお金で稼いでもらった30%を渡して「結果の報告」と「実際の数字」を提出してもらい、ノウハウを査定、ランク付けした上位から順番に「弊社のサービス」のお客様には取り組んでもらうようにしています。

毎月1万円はお得すぎる!と思っていただき続けるのが目標です。

 

経営者なら「堅実商売」を日々研究・実践してノウハウはあるわけですから、それを欲しいお客様がいて、満足させられる自信があるなら、商品化すべきですよね。

ですから、単純に事業として、サービスを提供し、お客様に満足してもらって、その対価を頂いているということです。

 

そして自社開発や、無料で教えてもらえないノウハウ仕入れに関しては、情報商材やnoteだけでなく、塾やスクール、コンサルも買うので一撃で130万円とか飛びます。※稼ぎ方を教える人の嘘・本当はわかるので、本物は徹底的にマークして、いくら高くても買ってます。

 

あとは、お客様から「これが気になるのですがどうですか?」と情報をいただけたら、まずは販売者を見て、内容を確認して、価値あるものであれば購入して、社内で実践、査定、ランク付け、公開、そしてサポートを開始します。

 

こういった、ノウハウなどの購入費用も、お客様からいただいたお金で購入してますので、ノウハウを得続けたい弊社のためにもご満足していただき続けることが、このサービスの最も重要なミッションになります。

 

あとは、ノウハウだけでなく、お客様用の倉庫や、作業員、ツール開発や、コンシェルジュサービスなど、「誰でも確実に稼げる」状態にする準備にも意外とお金がかかりますから、1人でも多くのお客様に永くお使いいただきたいなと思っております。

 

奪われない高収益な仕事

これからは個人商売のインフラが急増するので

  1. 「誰でも確実に稼げる方法」を自分でやる
  2. 「誰でも確実に稼げる方法」を教えてあげる

この2つがコンピュータに置き換わらない誰でもできる高収益な仕事になります。

 

個人商売のインフラ(誰でも確実に稼げる方法)が急増するのですから、お金がもっとほしければ自分でやりますよね?

あとは社会的に副業をしなければならない風潮なので教えて欲しい人が増えてます。

教えてあげて、学習塾や英会話スクールみたいに稼げるならやりますよね?

 

この雑誌は、新幹線のグリーン車で読めるエリート向けの雑誌ですが、大手企業が副業解禁発表を続々始めだした2016年に発刊されました。

 

あなたも、副業解禁という言葉は聞いたことがあると思います。

日経新聞の調査では上場企業120社のうち5割が既に従業員に副業OKと言っています。

 

副業OKというのは、企業があなたの人生を最後まで責任取れないから自分でなんとかしてね、と。

もし、生活できなくなっても「副業していいって言ったよね?自己責任でしょ」で終わらせるためですね。

 

というわけで、これからは一人の人間が複数の仕事をすることになります。

ただし、不安な人でも大丈夫。

落合陽一さんも言ってますが、生活することが仕事になっていきます。

 

レシートを買い取るアプリは、年収・性別・所帯などを登録し、消費動向を報告するだけでお金がもらえます。

ソフトバンク携帯を持ってGPS情報を提供するだけでお金がもらえたり、車のGPS情報も売れるでしょう。

ユーチューバーがゲーム実況で10億円とか稼いでますが、それももう少し均等に多くの人が稼げるようになります。

というか、そういうふうに企業や国が動いてくれます。

 

さらに、仕事を用意してくれるだけでなく、仕事ができるように身体的なバックアップも次々出てきます。

例えば昔は視力が悪くなったら仕事ができなくなっていましたが、メガネができたことで、働くことができるようになりました。

そういう「できない」を「できる」に変える技術が次々生まれています。

人間に装着して荷物を持ち上げる機械をつければおばあさんでも、力仕事ができてしまいます。

 

こうやって「誰でも確実に稼げる方法」は無数に生まれます、いや、用意されます。

そんな時代には当然「おいしい仕事」と「そうじゃない仕事」が出てきます。

あとは「効率的に稼ぐ裏技」も出てきます。

 

例えば、レシートを提出すれば稼げるなら、お店のレシート不要ボックスから全部回収して家で撮影する。

一気に同じ店で提出禁止なら、いろんなお店で回収して毎日かぶらないように提出する、など。

 

こういうことを毎回してるので、雇った人数分だけ月に40万円ほど稼げるような状態が作れてしまったタイミングがある。

その時は、従業員数が70人とかに膨れ上がってしまいました。

 

ある手法が使えなくなって、50人ほどアルバイトを解雇するはめになったタイミングもありました・・・

まあ、いくら稼げるからって人を増やしすぎると、解雇する時につらいという特典がついてきます。

でも切ってみてわかったけど、アルバイトの人達のほとんどは、守るべき仲間と呼ぶには程遠い意識で会社にきているだけなので、遠慮なく切ればいいと思いました。

なんとかしてあげなきゃ、という思いは空回りになるので、資金を圧迫してまで考えて上げる必要はない、と覚えておくべきです。

 

と、まあ、いろいろ言いましたが、堅実商売をやりたくなったら、ぜひ、一緒にやりましょう!

 

今から仲間になって稼ぎ始めるぞ!という方はこちらのご入会ボタンをクリック

毎月最低10万円を目指す会をお試し価格で開始

 

特定商取引法に基づく表記

© 2020 Eラーニングスタジオ